御社の業務をサポートするソフトウェア開発のエキスパート
お気軽にお問い合わせください
ホーム 製品情報 事業内容 会社案内 採用情報 お問い合わせ
HOME > 製品情報TOP > 在庫管理 > 運送・出荷連携イメージ
在庫管理
主な機能
利用イメージ
機能紹介
画面イメージ紹介
動作環境
運送・出荷連携
導入・サポート
よくあるご質問
Ti@Cubic saas型/ASP
Ti@SHIFT シフト管理
Ti@SFA 営業支援
その他の製品
動態管理
運送管理
在庫管理
受発注管理
ソフトウェア開発
運送・出荷連携
連携のメリット
1.現場作業の簡素化・効率化・精度向上

入荷、検品、保管、出庫などの作業を、バーコードを読取り照合し進めます。
 ◆ 誤出荷などの作業ミスの低減
 ◆ 経験、知識が少ない人でも作業ができる

2.コストの低減

業務を簡素化し、ミスが減る事で以前より短時間で、正確な現場運営ができます。
 ◆ 人件費の削減
 ◆ 作業ミスや誤出荷による費用削減

3.リアルタイム性と可視性の向上

入出庫データは即時に反映されるため、最新の状況確認が可能になり、進捗状況の把握も容易になります。
 ◆ リアルタイムの状況確認
 ◆ 倉庫の担当者のみではなく、他部署や(必要に応じて)社外の取引先とも情報の共有が可能になる


連携のイメージ

【 連携前 】

荷主(顧客)のシステムから出荷指示データ(EDIなど)を受信することで、ファックスや電話、メールでの出荷指示の受け取りをなくし、 受注入力などの手作業もなくなります。

入庫に関する伝票や指示書への記入作業や情報の入力、目視による照合作業などが基本的に不要になり、バーコードリーダーなどの簡単な端末入力で完了します。 入荷系の業務フローはこちら

出庫に関する伝票や指示書への記入作業や情報の入力、目視による照合作業などが基本的に不要になり、バーコードリーダーなどの簡単な端末入力で完了します。 出荷系の業務フローはこちら

荷主(顧客)のシステムと生産・入庫・出荷指示・出荷結果のデータを送受信することが可能になり、在庫状況や入出庫の進捗状況などの情報が共有できます。

【 連携後 】

>>運送管理システムはこちら

Home | 製品情報 | 事業内容 | 会社案内 | 採用情報 | お問い合せ | サイトマップ

AllRightReserved